ANAで国内旅行へいざ出発

移動の都合上、ANAを利用するといった人もいることでしょう。日本各地にはANAやJALが多数就航しており飛行機移動の場合、ANAかJALといった人も多く見られます。LCCを利用したいものの、地方ではまだそこまで就航していない場合も多いようです。ANAの利用で移動を考えている人は、直接電話してフライトについて聞いてみるといいでしょう。電話予約なら空席や料金なども確実に聞くことができとても便利です。

インターネットの利用では空席について随時変わります。そのため情報が古い可能性もあります。確実に今の状況を把握するなら電話予約が1番でしょう。
ところで「ANAジュニアパイロット」という言葉を耳にしたことがある方もいることでしょう。ANAジュニアパイロットとはなんだかかっこいい名前ですね。これはどういった意味があるのか?気になるところです。

ANAジュニアパイロットですが、お子様1人乗りのサポートとなっています。子供を1人で旅立たせると考えている人もいることでしょう。仕事の関係で自分が同行できない場合は、このサービスを利用しましょう。
ANAではスタッフの1人が子供をサポートしてくれ、到着先でも指定の場所まで(例えば空港内での祖父母との待ち合わせ場所など)対応してくれます。これなら子供1人で安心して旅に出すことができます。

国内線については対象年齢が6~7歳です。希望によっては11歳まで対応します。女の子1人で心配といった場合は、ANAにサポートを依頼してみるといいでしょう。
国際線についてもこうしたサービスがあります。国際線で利用できるのは5歳から11歳までの子供です。こちらは
「ANAジュニアパイロット(国際線)」というものになります。最近では東南アジアなどに企業進出している会社も増えており、子供の帰省についてもこうした対応が増えています。子供が休みなので先に1人で実家へ行かせたいなどといった場合、このサービスを利用するのも良いでしょう。

飛行機利用についてはさまざまなサービスも実施しています。子供がいるご家庭ではまずはどういったサービスがあるか確認してみるといいでしょう。サービス内容を知ればより安心して利用できるかと思います。

場所柄飛行機を頻繁に利用するといった方もいることと思います。サービスを上手く活用して、空の旅を充実させたいところです。
チケットについても色んなタイプがあるのでこの機会に価格を比較しつつ、確認してみるといいでしょう。それではみなさんにとって思い出深い素敵な旅になることを願っています!